WordPress5.0から導入された「Gutenberg」

2018年12月にアップデートされたWordPress5.0から、今までとは全く違うテキストエディタ―「Gutenberg(グーテンベルグ)」が導入されました。

GORI Styleでは、独自カスタムしているオリジナルテーマもあるので、しばらく様子を見ていましたが、とりあえず順次対応チェックをしていこうと思っています。

今回のバージョンから導入されたテキストエディタ―「Gutenberg」ですが、いままで慣れ親しんだエディターとは全く違うレイアウト、操作方法に多少戸惑いがあります。

今までは
「タイトル」「本文」「抜粋」という大枠だけだったわけですが(ちょっと説明がザックリ過ぎ💦)
Gutenbergでは、「タイトル」以下「段落」「HTML」「ウィジェット」など、要素パーツごとにブロック化している感じです。
多少似ていると言えば、 【 Tumblrタンブラー】のエディター操作に似ている気がします。

それでも、やっぱり今までのエディターがやりやすい、と思う方は、
現状では「Classic Editor」の利用を推奨させていただきます。
★ 「Classic Editor」 は公式プラグインとして公開されています。

https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/

GORI Styleの公式ページは、WordPress5.0へ移行完了です。

過去のオリジナルテーマSimpleeWPで扱っているテーマは、動作確認をしながら修正対応していく予定です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください